新座市社会福祉協議会へようこそ サイトマップ トップページ  
ごあいさつ
社協だより
地域福祉・支部活動
ボランティア
各種事業紹介
介護保険・支援費
共同募金
放課後児童保育室
もっと知りたい社協のこと
地域福祉活動計画
東部第1地域包括支援センター
福祉推進への提案箱
リンク集
トップページ
ふれあいネットワークイメージ
社会福祉法人
新座市社会福祉協議会
〒352-0011
新座市野火止1丁目9番54号
(新座市役所第3庁舎)
TEL 048-480-5705
FAX 048-481-3488
E-mail
somu@niizashakyo.or.jp

 

東部第1地域包括支援センター

文字を拡大・縮小できます→

高齢者相談センター(地域包括支援センター)とは】

 高齢者相談センター(地域包括支援センター)は、地域にお住まいの高齢のみなさんを、介護や福祉、健康や医療などのさまざまな面から総合的に支えるために、平成194月に開設されました。市内には6か所のセンターがあり、それぞれの地域を担当しています。

 このうち、社会福祉協議会では、「新座市東部第一高齢者相談センター(地域包括支援センター)」の業務を受託し、池田・道場・片山・野寺の4町会エリアを担当しています。
 高齢者相談センターには、主任介護支援専門員や保健師又は看護師、社会福祉士の資格を持った専門職が配置され、専門分野はもちろん、互いに連携をとりながら「チーム」として、総合的な支援体制で下記の業務に当たっています。その他介護予防サービス計画を作成する指定介護予防支援事業所も設置しています。


【連絡先】
 新座市東部第一高齢者相談センター(地域包括支援センター)
 〒352-0034 新座市野寺2-5-48コーポ富士101
 TEL:048-480-5853/FAX:048-480-5854
 営業時間:月〜金曜日(午前9時〜午後5時/土・日・祝日・年末年始を除く)
 メールアドレス:houkatsu@niizashakyo.or.jp

地図
 

東部第一高齢者相談センターのしごと

 

【総合相談・支援】

 介護に関する相談や心配ごと、悩みごと、健康や福祉、医療や生活に関することなどご相談ください。「どこに相談したらよいのかわからない」といった悩みも、まずはご相談ください。問題に応じて適切なサービス や機関、制度利用につなげます。お気軽にご相談ください。


【介護予防元気プラン】

 介護予防に役立つ口腔機能向上、栄養改善、認知症予防などの講座を行っています。


【介護予防ケアマネジメント業務】

ケアプラン 介護保険制度で要支援1又は2の認定を受けた方に対して、自立した生活ができるよう介護予防サービス計画を作成し、サービス事業所と調整をします。また、健康相談や介護予防一次予防事業の実施を通じて、自主的な介護予防の取り組みを支援します。また、支援や介護が必要となるおそれが高いと思われる方(二次予防高齢者)には、生活機能の維持・向上を図るための教室に参加いただけるよう支援し日常生活に必要な能力の維持・改善をお手伝いします。


【権利擁護】

 お金の管理や悪質な訪問販売契約などに関して不安がある方や頼れる家族がいない場合などの相談に応じ、必要な場合には成年後見制度や日常生活自立支援事業の利用手続のお手伝いをします。また、虐待の早期発見・把握に努め、必要に応じて老人福祉施設等への入所など、市や他機関と連携して高齢のみなさんを守ります。権利擁護


【包括的・継続的ケアマネジメント支援業務】

 適切なサービスの提供と住みやすい地域づくりを目指して。地域の介護・福祉・保健・医療等様々な関係機関等との連携を行い地域ぐるみで支えます。また、皆さんの心身の状況に合わせた適切なサービスが提供されるよう、地域のケアマネジャーへ支援や助言を行います。

 

【認知症サポーター養成講座】

 認知症についての正しい知識を持ち、認知症の人や家族を支える手だてを知っていただけるよう、講座を実施しています。

http://www.niizashakyo.or.jp/shien/image1.jpg


【交通安全アドバイス事業】

 県内の交通事故死者の約4割を占める高齢者の交通事故を減少させるため、埼玉県及び埼玉県警察本部より指定を受け、高齢者宅を訪問した際などに交通安全アドバイスを実施しています。交通安全交通安全

  このページの先頭へ

Copyright:(C) 2004 Niiza City Council of Social Welfare. All Rights Reserved.